幻のお酒!?日本酒・十四代の魅力・買い取り価格

幻のお酒!?日本酒・十四代の魅力・買い取り価格

日本酒・十四代の魅力

どのジャンルにおいても“幻”q呼ばれるものが存在していますが、日本酒においての幻は間違いなく「十四代」でしょう。
十四代は山形県にある高木酒造で造られている日本酒です。

十四代と名付けたのは、高木酒造の15代目。
それまでも十四代は存在していましたが、古酒に限定されていたそうです。
今では15代目の高木顕統氏の元で造られた日本酒が十四代と名付けられています。
全国新酒鑑評会では毎年のように金賞を受賞しており、令和元年にも同賞を受賞。

もはや定位置となっていますね。
さすが高級日本酒です。
十四代は芳醇で甘みがありフルーティーな味わいが最大の特徴であり魅力。

これまで主流だった淡麗辛口を覆すような味わいが逆に日本酒界にインパクトを与え、瞬く間に日本酒好きの心を奪い人気のお酒となったわけですね。

日本酒が苦手な人でも飲みやすく感じられるでしょう。
人気があり、しかし販売時には抽選が行われることもあるなど稀少性も高いので、どんどん入手困難になっている十四代。
お酒好きにとってもコレクターにとっても幻の逸品となっています。

引用:http://nikkatan.seesaa.net/article/460789068.html

日本酒・十四代の買い取り情報

日本酒・十四代の買い取り相場は、なんと20,000円オーバー。
ワインかウイスキーかと思ってしまうくらい高く売ることができます。

高いものでは250,000円以上で買い取られるくらいですからね、凄まじい金額です。
ちなみにその250,000万円以上の値をつけるのは「十四代・龍泉」です。

ファイブニーズではこれを260,000円で買い取った実績があるそうです。
多少状態が悪くてもこの日本酒はほぼ確実に200,000万円で買い取ってもらうことができますよ。

その他、「十四代 龍月」は120,000円前後、「十四代 七垂二十貫 純米大吟醸」は80,000円前後と、どれも高額で取引されています。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!