にごり酒とどぶろくの違いって何?美味しいにごり酒も紹介

にごり酒とどぶろくの違いって何?美味しいにごり酒も紹介

にごり酒とどぶろくの違い

「にごり酒」と「どぶろく」、どちらも白濁したお酒ですが同じものではありません。
多くの人が日本酒として飲み親しんでいる清酒。

これは原料が米、水、麹でなければならず、さらには発酵させて濾すという作業を経ることが条件とされています。
この“濾す”作業がポイントです。
にごり酒と呼ばれるお酒は、今挙げた条件を全て満たしています。

つまり、清酒の仲間ということになりますね。
濾す際に目の粗い布を用いるため濁り成分も布を通過し、そのまま白く濁ったお酒へと仕上がります。
これがにごり酒です。

どぶろくは、そもそも濾すという工程を経ません。
発酵させて終わり、これがどぶろくと呼ばれるお酒です。
酒税法という法律にもしっかりと記載されており、にごり酒とどぶろくは異なるお酒として扱われています。

引用:https://www.ienomistyle.com/sakeguide/20190415-2597

にごり酒とマッコリの違い

似たような白濁したお酒に「マッコリ」があります。
これは朝鮮の伝統的なお酒で、日本酒と同じ醸造酒です。

マッコリの原料は主に米。
これも日本酒と同じですね。
ただし、イモやトウモロコシなどが使われることもあり、日本酒ほど厳密なルールはありません。
アルコール度数は7度前後と、にごり酒やどぶろくと比べてかなり低く抑えられている点も特徴です。
味わいも、日本のにごり酒やどぶろくと比べると濃厚でより強い発泡性を持ち合わせています。
酸味もしっかりとありますから、はじめて飲む人でも強いインパクトが感じられるでしょう。

ちなみにマッコリは、製造過程において粗く濾します。
この点はにごり酒と同様ですね。

引用:https://www.konest.com/contents/hot_report_detail.html?id=7503

おすすめのにごり酒

にごり酒も清酒と同様に有名で人気の高い銘柄がたくさんあります。
いくつか紹介してみましょう。

引用:http://sakebijin.net/2843/

官兵衛 にごり酒 1800ml 名城酒造 官兵衛 にごり酒 1800ml

兵庫県姫路市にある名城酒造が手がけた「官兵衛 にごり酒」。
日本酒度は-3.5度。

つまり、甘口に分類されているということです。
濁っているというよりも、見た目は真っ白ですね。
綺麗に白濁していて、口に入れた時の甘みと濃厚さが実に素晴らしい。

しかし、日本酒のすっきりとした味わいも感じられるお酒となっています。
アルコール度数も15〜16度とまあまあ高めなので、物足りなさは感じないでしょう。
1800ml瓶は容量もたっぷりですから、しっかりと飲みたい人におすすめです。

桃川 にごり酒 パック 900ml

青森県にある桃川株式会社が製造・販売している「桃川 にごり酒 パック」。
商品名を見てもわかるように、こちらはパックに入ったにごり酒です。
900ml入りと、普段からお酒を飲んでいる人には丁度いい容量ですね。

日本酒度は-18。
これは相当甘いです。
日本酒度は-6.0以下は大甘口と表現されます。

-18は強めの糖分が感じられますから、後味もしっかりと残ってくれますよ。
しかし「桃川 にごり酒」は、この数字よりも若干すっきり感が味わえます。
ベタつかず、サラサラと飲むことができるでしょう。

月桂冠 にごり酒 瓶300ml

日本酒の一大メーカーである月桂冠からもにごり酒が発売されています。
「月桂冠 にごり酒」は2018年に誕生した当メーカーのにごり酒です。

720ml瓶、300ml瓶、エコカップ210mlの3タイプが発売されていますが、おすすめは300ml瓶ですね。
大きさが丁度いい上に、見た目が可愛いです。
おそらく女性も意識したのでしょう。
テイストは甘口で、濃醇な味わいが楽しめる1本となっています。

酸味も感じられて、非常にバランスが良いですね。
もろみの食感も楽しめますから、にごり酒初心者が試しに飲んでみるお酒としてもおすすめです。

八海山 発泡にごり酒

八海醸造株式会社が手がける「八海山 発泡にごり酒」は、その名の通り、発泡性が際立ったにごり酒です。
スパークリング日本酒といってもいいほどの爽やかな炭酸の弾け具合は、なかなか味わい深いものがあります。

日本酒度は-23とかなり高めにもかかわらず、この炭酸が爽やかさを感じさせてくれるので、全く甘ったるくありません。
上手に仕上げられているなと感心してしまいます。

合わせるなら濃厚な味の料理がおすすめ。
デザートのお供として活躍してくれる幅広さも、このお酒は持っていますよ。

まとめ

  • 「にごり酒」は粗めの布で濾す工程がありますが、「どぶろく」には濾す工程がなく、これが両者の大きな違いとなっています
  • 韓国のお酒マッコリは濾す工程があるためにごり酒と似ていますが、アルコール度数はにごり酒やどぶろくの半分程度です
  • さっぱりすっきりとしたにごり酒をたっぷりと味わいたい人には「名城酒造 官兵衛 にごり酒 1800ml」をおすすめします
  • 甘口のにごり酒を手軽に楽しみたい人は「桃川 にごり酒 パック 900ml」を選んでみましょう
  • 大手酒造メーカーが手がける「月桂冠 にごり酒 瓶300ml」は、見た目も可愛く味わいも濃厚で女性にも人気の1本です
  • しっかりとした炭酸が味わえる「八海山 発泡にごり酒」は、濃い味の料理やデザートなどと合わせるといいでしょう
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!