キレイな味わい!日本酒・黒龍の魅力・買い取り価格

キレイな味わい!日本酒・黒龍の魅力・買い取り価格

日本酒・黒龍の魅力

文化元年、西暦でいうと1804年に創業された黒龍酒造。
ここが造る看板商品が「黒龍」です。

未だに少年誌を読んだりSF映画が大好物な私にとっては、この黒龍という商品名だけで格好良すぎて興奮してしまいます。
お酒の味を覚えても子供心は持ち続けたいですね。
福井県吉田郡に酒蔵がありますが、この地は霊峰白山山系の雪解け水が澄んだ湧き水として採取されることでも知られる土地。
この水を使い黒龍は造られています。

もちろん米にもこだわり抜き、兵庫県東条地区産や福井県大野産など質の高い米を選び抜いて使用。
この水と米が融合し丁寧に造られた黒龍は、果物のような甘味を持ちながらも繊細で柔らかく、とても上品な味わいを楽しませてくれます。
通年で販売されているもの、季節限定品、受注品、数量限定品など、様々なタイプの黒龍を販売。

特に限定品は希少価値が高いので手に入れるのは困難です。
巡り会えたらラッキーですが、お酒買い取り市場でも引っ張りだこなので、飲まないのに持っているなら早めに売りに出した方がいいかもしれません。

当サイトでは、おすすめの日本酒・鍋島の魅力についても紹介していますので、興味がある方はこちらの記事もぜひご覧ください!

引用:https://www.sake-kagiya.com/shopdetail/000000000672/ct12/page1/recommend/

日本酒・黒龍の買い取り情報

黒龍の気になる価値ですが、ファイブニーズではこれまでに100,000円で買い取った実績があるそうです。
【引用】日本酒の買取実績:https://www.sakekaitori.com/purchase-list/sake/
その銘柄は「黒龍 無二 純米吟醸」。

ワインかシャンパンを思わせるボトルに入れられている日本酒です。
化粧箱などの付属品も揃っていれば100,000円するのは当たり前ですね。
それほど貴重なものですよ。

他のものも紹介すると、「黒龍二左衛門」が20,000円、「黒龍石田屋」も20,000円、「黒龍 大吟醸酒 しずく」が15,000円と、10,000円以上で売れるものが何本もあります。
そこまではいかなくても、「黒龍 大吟醸 龍」は6,000円ほどで売れますし、「黒龍 火いら寿」も同程度の金額で引き取ってもらうことができるでしょう。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!