お酒で美肌に?日本酒の美容効果とオススメ使用例、使用方法?

お酒で美肌に?日本酒の美容効果とオススメ使用例、使用方法?

日本酒の美容・美肌効果

日本酒は、実は女性にとって嬉しい効果をたくさん持ち合わせているんです。
美容・美肌効果も抜群なお酒なんですよ。
そんな日本酒の持つ美容・美肌効果について語ります。

肌のハリ・ツヤが上がる

美肌の条件といえば、肌のハリとツヤですよね。
日本酒は、α-EG(アルファ‐エチル‐D‐グルコシド)やα-GG(アルファ‐グルコシル‐グリセリン)と呼ばれる成分を持っています。

極小成分のため肌の奥に入り込みやすく、コラーゲンの生成をサポートする働きを担ってくれるのがこの成分。
お肌のハリやツヤを維持することに役立ってくれます。

美白効果

高い美白効果を持つといわれるアルブチンですが、日本酒にもこれが含まれており、お肌に塗布することでシミ予防の効果が期待できます。
さらに遊離リノール酸と呼ばれる成分も肌を白くするのを助け、透き通ったようなお肌を作ることに貢献してくれますよ。

ニキビの改善

ニキビや吹き出物が出やすい人は、お肌のターンオーバーが正常に行われていない可能性が高いです。
日本酒に含まれるフルーツ酸(AHA)は、お肌のターンオーバーを促し細胞の生まれ変わりをサポートする役割を持っています。
ニキビの改善や予防にも効果が期待できるでしょう。

しわ・たるみ対策

年齢を重ねると気になるしわやたるみ。
これには日本酒に含まれるフェルラ酸が効きます。
抗酸化作用も持っているので老化防止に一役買ってくれますよ。

肌の潤いを保つ

アミノ酸の一種であるNMFが含まれている日本酒。
これをお肌に与えてあげれば、お肌の潤いを保つことができます。
乾燥肌の人はもちろん、ぷるぷるとしたお肌を目指したい人にもおすすめです。

日本酒を使った美容法

実際にどのように日本酒を活用するとお肌を美しくすることができるのか、その具体的な美容法を紹介していきます。

日本酒風呂

日本酒を湯船に入れて、それにつかる。
これだけでお肌への美容効果が期待できます。
コップ1〜2杯の日本酒をお湯を張った湯船に入れるだけです。
とても簡単ですね。

日本酒のアデノシンが血流を促し、体をぽかぽかに温めてくれます。
冷え性の人にも嬉しい効果が期待できるでしょう。

酒粕パック

酒粕(100g)と精製水(100〜150ml)を混ぜたものをパックとして使うと、お肌の美容効果が期待できますよ。
顔だけではなく体にも使える酒粕パック。

塗ってから5〜10分ほどしたら、お湯で洗い流しましょう。
酒粕に含まれるコウジ酸やアルブチン、フェルラ酸がシミ予防に効果を発揮してくれます。

育毛剤として

日本酒が育毛に効果ありと言われている理由は、このお酒に豊富に含まれているアミノ酸にあります。
日本酒にはリジン、アルギニン、シスチン、イソロイシンなどなど、あらゆるアミノ酸が含有されているんです。

髪の毛もアミノ酸で作られているので、日本酒を飲むことで育毛に効果が期待できるというわけです。
アデノシンは血液の流れを良くする作用を持っているため、頭皮にまで栄養素をしっかりと運べるようになります。
この状態が続けば髪の毛も元気に成長してくれるでしょう。

日本酒化粧水

日本酒を精製水とグリセリンと混ぜるだけで日本酒化粧水の完成です。
割合は日本酒1に対して精製水1、そこにグリセリンを数滴垂らしましょう。

化粧水なので、使い方は普通の化粧水と同じで構いません。
お肌に塗って染み込ませるだけ。

これで保湿効果や美白効果が期待できます。
お肌のターンオーバーも促してくれますから、肌荒れも改善しやすくなるでしょう。

日本酒のオススメ化粧水

日本酒の化粧水は、市販のものも非常にたくさんの種類が発売されています。
その中でも信頼性が高く効果が期待できるものを紹介していきます。

菊正宗

有名な酒造会社の一つである菊正宗。
こちらからも化粧水が発売されています。
その名も「日本酒の化粧水」。
アミノ酸やミネラルなど保湿・美肌成分の宝庫である日本酒を元に作られた化粧水です。

そこにプラセンタエキスも贅沢に加えて仕上げられています。
通常タイプと高保湿タイプが発売されているので、お肌の状態に合わせて選んでみましょう。

純米酒すっぴん

「純米酒すっぴん」を作っているのは、日本酒の製造元である福光屋です。
原料は米と米麹、そして湧き水です。
日本酒そのものといってもいいですね。
顔だけではなく体にも使える「純米酒すっぴん」。
天然の原料で作られているので使用期限は開封後1ヶ月間と短めですが、敏感肌の方でも安心して使うことができる点がメリットです。

ほまれプレミアム化粧水

大正7年創業の酒蔵である会津ほまれ。
こちらの日本酒を配合し作られているのが「ほまれプレミアム化粧水」です。
日本酒の配合割合は、なんと90%。

これだけ含まれていれば、日本酒の持つ美容・美肌成分をしっかりと感じることができるでしょう。
日本酒以外には、ダマスクローズやラベンダーの精油が配合されています。
他にもシンハイカンやプロテオグリカン、ピクノジェノール、米セラミドなど、こだわりの美容成分が配合された贅沢な化粧水となっています。
香料、着色料、鉱物油、防腐剤などは含まれていません。
徹底して品質にこだわったアンチエイジングのための化粧水です。

特に注目したいのが、その保湿力。
他の化粧水とは違った潤いが感じられるでしょう。
ほのかに漂う花の香りも天然もの。
リラックス効果も与えてくれますよ。
高級化粧水とはなりますが、それだけの価値がある仕上がりとなっています。

飲み過ぎには注意

日本酒は美容に効果のある成分を確かに多く含んでいます。
しかし、お酒であることには変わりありません。
飲み過ぎには注意しましょう。

もし飲み過ぎてしまえば、逆に健康を損ねるリスクも高まります。
内臓や血管の病気になる可能性もあり、もしそうなれば逆にお肌は荒れ、美肌どころではありません。
美白とも縁がなくなり、シワやシミだらけになってしまうことだってあるんです。

一般的な日本人にとって、日本酒は1日1合(180ml)が適量であるとされています。
体質などにもよりますが、体内に入れる場合には、この量を意識しておきましょう。

まとめ

  • 日本酒を飲んだりお肌につけると、美白効果、老化予防、ニキビ改善、しわ・たるみ予防、保湿などの効果が得られます
  • 日本酒を湯船に入れる日本酒風呂や、酒粕を使ったパック、日本酒を用いた自家製化粧水も美容効果が期待できます
  • 自家製に抵抗がある人は、「ほまれプレミアム化粧水」など、日本酒を使用した市販の化粧水から使ってみましょう
  • 日本酒はお酒なので、美容にいいとはいえ飲み過ぎには十分に注意してください
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!