日本酒と焼酎の違いって何?原料や造り方をスカッと解説!

日本酒と焼酎の違いって何?原料や造り方をスカッと解説!

日本酒と焼酎の原料による違い

普段お酒を飲んでいる人でも、日本酒と焼酎の違いについてほとんど知らないことが多いようですね。
結構違いがあるんですけど、そもそも日本酒と焼酎は原料が全く異なるんですよ。
日本酒の主な原料は、米、水、麹の3つ。
とてもシンプル。

一方の焼酎は、様々な原料を用いて作られています。
主に穀物や芋類ですが、サツマイモ、麦、そば、黒糖、栗、ゴマ、ゴボウ、シソ、トウモロコシなど基本的になんでもありです。
日本酒と同じように米を使った焼酎もあります。
一般的に芋焼酎と呼ばれているものは、サツマイモが原料となっていることが多いですね。
麦を使ったものは麦焼酎ですし、そばを使ったものは、当然そば焼酎となるわけです。

沖縄を代表するお酒である泡盛ですが、これはタイ米を使用しています。
一般的な焼酎と少し違うところもありますが、酒税法で見ると焼酎に分類されるので、ここで紹介しておきますね。

日本酒と焼酎の造り方による違い

日本酒と焼酎の違いを知る上で無視できないのが、それぞれのお酒の造り方です。
これが日本酒と焼酎の決定的な違いを生み出しています。

醸造酒

日本酒は醸造酒です。
醸造酒は、原料を酵母によって発酵させることでアルコール度数を高め、お酒へと変化させていきます。
日本酒は原料である米を発酵させてお酒にしているわけですね。

ちなみにワインはブドウを原料とした醸造酒で、ビールは大麦を原料とした醸造酒です。
ワインのように、原料そのものが高い糖度を持つ場合は、そこに含まれている酵母によって自然と発酵されお酒が出来上がります。

このようなお酒を「単発酵酒」と呼びます。
ビールのように、特に高い糖度でない原料の場合には、原料に含まれるデンプンを糖化し、それを利用して発酵することができます。
このように造られたお酒を「単行複発酵酒」と呼んでいます。

日本酒はどちらでしょうか?どちらでもあります。
原料である米の糖化作業と麹による発酵とを同時に行うことで作られているのが日本酒です。
こうしたお酒を「並行複発酵酒」と呼びます。

蒸留酒

焼酎は、蒸留酒です。
蒸留酒は醸造酒を蒸留することでアルコール度数をさらに高められたお酒のことを指します。
醸造酒に熱を加えると、アルコール分が気化します。

この時水は蒸発しない温度で作業が行われるため、気化したアルコール分と水を分類することができるわけです。
気化したアルコール分を再び冷やすと液体へと戻りますよね。
すでに水と分類されているため、液体化したアルコールはより高い度数になっています。

こうして抽出されたものが焼酎などの蒸留酒です。
蒸留する機械にも種類がありますが、単式蒸留器で蒸留して造られたものは「単式蒸留焼酎」や「焼酎乙類」と呼ばれ、連続式蒸留器で造られたものは「連続式蒸留焼酎」や「焼酎甲類」と呼ばれています。
乙類と甲類を混ぜ合わせたものも存在し、これは「混和焼酎」と呼ばれ、ジャンル分けがされています。

日本酒と焼酎のアルコール度数による違い

日本酒のアルコール度数は、15度前後であるのが一般的です。
それと比較して、焼酎はだいたい25度前後となっています。

醸造酒である日本酒は原料を発酵させており、この方法のみではアルコール度数20度が限界。
風味などを損ねないように、一般的な焼酎は15度前後に抑えられています。
一方の焼酎は蒸留という作業によってアルコール分を抽出するので、よりアルコール度数を高めることが可能です。

それでも25度は低い方ですね。
ワインを蒸留して造られるブランデーは40度ほど、ビールと同じ穀物で作られる蒸留酒のウイスキーも同じく40度ほどとなっています。
ちなみに泡盛は35度前後のものが主流です。

日本酒と焼酎のカロリーによる違い

日本酒と焼酎を比較すると、焼酎の方が若干カロリーが高い傾向があります。
日本酒のカロリーは、100mlあたりで105kcal前後です。

焼酎は製造方法によって甲類と乙類に分けられますが、よりカロリーが高いのは甲類の方。
100mlあたりで、だいたい200kcalほどですね。

乙類の焼酎は、同じく100mlあたり150kcalほどです。
ダイエット中の方や健康が気になる方は、このような違いも把握した上でお酒を楽しんでみてはどうでしょうか。

まとめ

  • 日本酒の原料は、米、水、麹ととてもシンプルで、焼酎の原料は穀物や芋類など多岐に渡ります
  • 焼酎に使われる代表的な原料は、イモ、麦、そば、トウモロコシなど多彩です
  • 日本酒は醸造酒で、原料そのものに含まれている糖分やでんぷんで発酵し造られています
  • 焼酎は蒸留酒の一種で、醸造酒を蒸留してアルコール度数を高めることで造られるお酒です
  • 日本酒のアルコール度数は15度前後が一般的であり、焼酎はそれよりも高い25度前後となっています
  • 日本酒のカロリーは100mlあたり105kcalほどで、焼酎は甲類が100mlあたり200kcalほど、乙類が150kcalほどとなっています
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!