おいしい日本酒の温度別の飲み方・割り方について【まとめ】

おいしい日本酒の温度別の飲み方・割り方について【まとめ】

日本酒には飲み方がたくさん!

日本酒はとても美味しいお酒です。
しかし、それだけで片付けられるほど単純なお酒ではありません。
日本酒の最大の魅力は、それぞれのお酒の美味しさを引き出す飲み方があるという点。

これほど多様な飲み方ができるお酒は、世界中を探してもそうはないでしょう。
具体的にどのような飲み方ができるのか、たっぷりと紹介していきたいと思います。

当サイトでは、日本酒の最適な保存方法について紹介した記事もございますので、興味がある方はこちらの記事もご覧ください。

日本酒の温度別の飲み方

日本酒は様々な温度で飲むことができる、世界でも珍しいお酒です。
しかも温度ごとに呼び名があり、特徴や選ぶべき日本酒の種類も異なってきます。

このあたりはまさに日本らしさ全開といったところ。
温度別に、どのような呼び名や特徴があるのかをまとめてみましょう。

飛切燗(とびきりかん)

55度前後。
ひれ酒などにぴったりな飛切燗。
とても熱いので火傷に注意ですよ。
純米酒や本醸造酒に適した温度となっています。

熱燗(あつかん)

50度前後。
本醸造酒に向いた飲み方で、冬は最高です。
辛口の日本酒のキレを味わいたい方向けですね。

上燗(じょうかん)

45度前後。
熱燗より温度が低いものの、しっかりと湯気が立ち体も温まります。
純米酒と相性が良く、締まりのある味わいが楽しめる飲み方です。

ぬる燗(ぬるかん)

40度前後。
ちょうどいい温かさが特徴のぬる燗。
少々甘みが感じられ、日本酒のコクも引き出せます。
吟醸酒、純米酒、本醸造酒にぴったりです。

人肌燗(ひとはだかん)

35度前後。
口に入れるとぬるく感じるでしょう。
日本酒本来の旨味やまろやかさが引き出される飲み方で、吟醸酒、純米酒、本醸造酒との相性がいいですね。

日向燗(ひなたかん)

30度前後。
ほのかな香りが感じられる温度で、口当たりも優しくとても飲みやすいです。
こちらも吟醸酒、純米酒、本醸造酒にぴったりです。

冷や(ひや)

20〜25度前後。
いわゆる常温ですね。
酒蔵のこだわりが最も感じ取れるのが、この冷やの状態でしょう。
吟醸酒、純米酒、本醸造酒のどれでも楽しめる飲み方です。

涼冷え(すずひえ)

15度前後。
冷蔵庫などで少し冷やした状態の温度ですね。
口に入れた時に爽やかさが感じられるでしょう。
こちらも吟醸酒、純米酒、本醸造酒どれでも適した飲み方となっています。

花冷え(はなひえ)

10度前後。
冷蔵庫である程度冷やした状態の日本酒です。
口に入れた時はひんやりとしていますが、少しずつ味や香りが立ってくるのを感じることができますよ。
やはり吟醸酒、純米酒、本醸造酒どれでも楽しめます。

雪冷え(ゆきひえ)

5度前後。
しっかりと冷やした日本酒です。
さっぱり感や爽快感などが楽しめ、フルーティーさと新鮮さが感じられる温度です。
生貯蔵酒や樽酒、吟醸酒などで楽しむといいでしょう。

日本酒のおすすめの割り方

日本酒はそのまま飲んでも楽しめますが、別の飲み物で割って楽しむこともできます。
私が個人的におすすめする日本酒の割り方をいくつか紹介しましょう。

水割り

日本酒と水を混ぜて飲むのが「水割り」です。
濃度を自由に調整でき、しかし日本酒の持つ香りや味を損ねずに済みます。
家でもできますし、夏場や日本酒初心者の方にもおすすめですよ。

お湯割り

日本酒とお湯を混ぜて飲む「お湯割」。
こちらは冬に好まれる飲み方です。
濃度だけではなく温度も自由に調整できるのがメリットですね。
温度を上げることで味や香りも引き立ちますから、舌でも鼻でも楽しみたい人におすすめです。

ソーダ割り

日本酒を炭酸水で割る飲み方が「ソーダ割り」です。
炭酸が入ることで味が引き締まります。

氷割り

日本酒に氷を入れて楽しむ「氷割り」。
氷が溶けるにつれてお酒の濃度が変化するのが特徴で、時間の経過とともに日本酒の違った顔が見えてくる楽しさも味わえます。

緑茶割り

「緑茶割り」は、日本酒と緑茶を混ぜて楽しむ飲み方です。
緑茶の渋みが加わることで複雑な味わいが堪能できます。
日本酒の癖が少し弱まるので、日本酒初心者や女性などでも楽しむことができるでしょう。

日本酒の盛りこぼしとは

グラスを升などの器に載せ、日本酒をグラスから溢れるほどに注ぎ、升などに溢れさせる注ぎ方を「盛りこぼし」と言います。
この日本酒の盛りこぼしについても知っておきましょう。
さらに日本酒を飲むのが楽しくなるはずです。

盛りこぼしの由来

日本酒の盛りこぼしですが、一説では、日本酒を量り売りしていた時に誕生したものと言われています。
1合分のお酒を注文した客がおり、店主がグラスにお酒を入れたものの量が足りず、1合分のお酒を提供するために升などに溢れさせたことが由来だそうです。

正しい飲み方

まずは、グラスの上部に表面張力によってなんとか溢れずに保っているお酒を飲み、グラスを持ち上げられる状態にしましょう。
グラスのみを持ち上げ、そこに入っているお酒を飲みます。

グラスの濡れている部分はおしぼりなどで拭いても大丈夫ですよ。
升や器に入っているお酒をグラスに注ぎ入れてもよし、升をそのまま口につけて飲んでもよし、特に決まったルールはありません。

まとめ

  • 世界でも類を見ないほど、日本酒には様々な飲み方があり、それが日本酒の魅力の一つとなっています
  • 日本酒は飲むときの温度によって名称が分かれており、それぞれで特徴や相性の良いお酒のタイプが異なってきます
  • 日本酒はお湯や水以外にも、ソーダや緑茶などで割っても美味しくいただけるお酒です
  • 升などの器に入れたグラスに日本酒をなみなみと注ぎ、器からこぼれた状態を「盛りこぼし」と呼びます
  • 盛りこぼしの飲み方に厳格なルールはないので、好きな飲み方で日本酒の味や香りを楽しみましょう
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!